東京・銀座一丁目の矯正歯科・審美歯科・ホワイトニング|アニバーサリーデンタルギンザ

柴山理事長はどんな人?

  • HOME »
  • 柴山理事長はどんな人?

土持ドクターに聞きました

ベストの治療を導き出す人

tuchihashi3

土持ドクター

同業の者として、見習わなければならないと常日頃から感じております。

あらゆる歯科治療の経験があり、それを複合させてベストの治療方法を導き出せる人ですね。
また、お客様のニーズに応えるため、いつも勉強をされ、ただ治療するだけではなく負担を減らして最短で最大の効果を出すために日夜努力されています。

これは医師だからと誰でも出来るものではありません。
簡単にできることではない、素晴らしいスキルをお持ちですが、それを鼻にかけることもなく、常に真摯に、丁寧に、患者さんの立場に立って治療の計画を考えていらっしゃいます。

お客様をぞんざいに扱わないことを徹底して貫いている姿に遠方・海外から、わざわざ柴山さんを頼って来院される方がいらっしゃるのも納得です。

常にお客様を優先する人

私は、元は大学病院で歯科医師をしておりました。

私自身も、お客様には真摯に向き合っていくことを当時から心がけていたのですが、大学病院ではどうしても組織としてのルールがあります。
お客様から求める声が上がっても、応えてあげられないこともありました。

柴山先生のもとで治療をするようになって驚いたのが、お客様へのサービスの違いでした。
柴山先生はお客様から連絡があれば、どんなに忙しくても診療の時間をつくるために努力するのです。

「痛くて仕方がないんです」とお客様から助けを求める声があれば、「とにかくすぐ来てください、すぐに診ましょう」と応えます。
診療時間外や休日であっても、時間の許す限りお客様に向き合う。

治療の技術だけではなく、そういった姿勢についても 学ばなくてはと思います。

スタッフの方に聞きました

お客様との信頼関係を大切にする人

staff3

理事長・柴山(右上)とスタッフ達

柴山先生は決して治療を急ぎません。
お客様との信頼関係が生まれるまでは治療にとりかかることはありません。

柴山先生がおっしゃるには、「親にできない治療はしない」
それは身内に治療を施すときのように、手を抜かずに繊細に治療を行うということです。

そのため柴山先生は「こんなもんかな」なんて言いません。
どんなに大変だとわかっていても、それが最善なら手を尽くします。

例えば歯の神経の治療では、抜いたあとにお薬を入れます。
歯の根っこは3本、4本あるので、決して楽な作業ではありません。

実は歯医者さんによっては、お薬をしっかり奥まで入れずに終わらせてしまうのですが、それはレントゲン撮影をすればすぐに分かってしまいます。
柴山先生は、きちんとレントゲンを撮って、お客様にお薬がしっかり入ったことを証明します。

こうやってお伝えしていると、気難しい方のように聞こえるかもしれませんが、 全くそんなことはなく、とても気さくで話しやすい方です。

歯科の知識も豊富で、それをお客様にもお話しするので、治療後のインタビューでは、「面白い先生」「治療方法の説明も丁寧で分かりやすい」と評判をいただいております。

おもてなしを大切にする人

当院はホスピタリティを非常に大事にしています。

院内では足音を立てない、立ち居振る舞いまで気を使うなど、柴山先生の指導も厳しく行われます。
それはもちろん、お客様へのおもてなしの心を忘れないためです。

叱るときはしっかりと叱る方ですが、体調が優れないスタッフには声をかけるなど、スタッフ感の繋がりを大切にしています。

そのおかげか、当院のスタッフは全員仲が良いですね。

Instagram

柴山ドクターのインスタグラムをフォローする
こちらからも情報を公開しています。
PAGETOP
Copyright © アニバーサリーデンタルギンザ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.